スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Hibiscus Festival 2013

実は妻が2人目を妊娠、10月の出産に備えて妻と息子は実家に帰っている。
7月中旬までフィジーで安静にし、その後、僕の一時帰国のタイミングで一緒に帰国しそのまま日本に残ってもらっている。
フィジーの産婦人科ではエコーを使っても性別がわからなかったが、日本では一発。即、「女の子ですね。」とのこと。やっぱり日本はすごい!

というわけで、今はまたまたフィジーで独り暮らし。
先週は毎年恒例のHibiscus Festivalが行われていたので行ってみた。
今年は昼間ではなく、最も込み合う最終日の夜に行くこととした。

遠目から見た会場のアルバーパークはこんな感じ。
アトラクションの灯りと会場の音楽がかなり遠くからでも確認できる。
アトラクションの数と種類が増えているように見える。

DSC_0392_convert_20130825075009.jpg

会場ではいくつかのステージが設けられて、様々なショーが行われている。
金曜日の夜は「オカマコンテスト」で盛り上がったようだ。
事務所のナショナルスタッフによると、金曜日の昼の時点で25FJD(約1300円)のチケットは完売とのこと。

DSC_0408_convert_20130825075226.jpg

屋台の並ぶエリアは行政府と面しており、屋台で夕食を買った人たちは行政府の周辺で食事をすることが多い。そして、ゴミをそのまま置いて帰る。
フィジー人のことは大好きだし、大雑把な気質はフィジー人ならではだと思うが、環境問題を国際社会に訴える以上は、個人がきちんと意識してゴミを片付けないと説得力が無い。

DSC_0425_convert_20130825075651.jpg

ちょっと残念な気持ちになって帰宅した。
スポンサーサイト
2013-08-25(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。