スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

NZ旅行 その1

先月、ついに念願のNZへ旅行に行ってきた。

DSC00556_convert_20120322180752.jpg

オークランドを起点に、レンタカーでロトルア、タウポ、トンガリロ、ワイトモを回ってオークランドに戻る北島のオーソドックスな観光コース。スバの同じアパートに住んでいるNZ人から事前情報を収集の上、今回の旅行に臨んだ。

まずはロトルア。
ロトルアは地熱地帯になっており、温泉や間欠泉がたくさんある。街に近づいた時から日本の温泉街のような硫黄の匂いが。残念ながらNZの温泉は水着着用の温水プールシステム。それでも久しぶりの温泉は日頃の疲れを癒すには効能十分!
こちらはワイオタプの「悪魔のインク壺」。様々な化学物質が見事なグラデーションを描いている。
息子は地面からゴボゴボと沸き出る熱水を指さしながら「ボッボ、ボッボ」と大興奮。

DSC00313_convert_20120322180026.jpg

次はタウポ。
NZ最大の湖であるタウポ湖を中心に小さな街がある。
水上飛行機を見ながら湖畔で食べる朝ごはんは、日頃フィジーでは味わえない優雅なひと時。
そしてタウポで一番感動したのは、このフカ・フォール。今まで色々な滝を見てきたが、こんなに迫力のある滝を見たのは初めて。迫力のみならず、滝の鮮やかな水色(もっと適切な色があるはずだが・・・)も忘れられない。

DSC00447_convert_20120322180254.jpg

タウポに宿泊しながら、トンガリロ国立公園にも行ってきた。
トンガリロ国立公園は世界遺産に認定されていて、国立公園を縦断するトレッキングが大人気。今回は1歳の息子を連れていたので、本格的なトレッキングは避けて軽めの2時間コースを選択。
トレッキングを開始して気がついたのはみんな本格的な登山の格好をしていること。一方で僕はサンダルに息子を抱えての登山。途中ですれ違った人にここで引き返した方がいいとまで言われたが、そこで引き下がるのは悔しいのでそのままトレッキングを決行。約1時間歩いたところで、目的のタラナキ・フォールにたどり着いた。

DSC00507_convert_20120322180513.jpg

帰り道では息子も寄り道しながらだが歩いてくれて、トータル3時間のトレッキングが終了。いつか国立公園縦断コースにチャレンジしてみたいものだ!

最後はワイトモに宿泊してワイトモ・ケーブのツチボタルを鑑賞。
ツチボタルにも感動したが、宿泊したB&B(Bed & Breakfastの略で宿泊と朝食が提供されるNZでは一般的な宿泊施設。)に南アフリカから連れてきたダチョウが飼われていたことにもビックリ。その他、エミュー、ポニー、牛、豚、アルパカ、リャマ、羊とまるで動物園のよう。動物に関心を示し始めた息子にはピッタリと思いきや、一番のお気に入りは小さな子猫。猫ならフィジーにもいるんだが・・・

DSC00712_convert_20120322190707.jpg

という感じで北島の観光スポットをぐるりと回ってオークランドに到着。
NZの印象は自然が豊かで住みやすそうな国。何となく地元の北海道と雰囲気が似ていることもそう感じた理由の1つかもしれない。

最後におまけで、たまたま立ち寄った川辺で撮った絶景。
DSC00656_convert_20120322181017.jpg
スポンサーサイト
2012-03-21(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。