スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

秋分の日にやったこと

今日は日本の秋分の日に合わせて僕の職場も休日。
最近休日でも忙しい日々が続いていたので久しぶりにのんびりしようと思ったらリビングルームから妻の悲鳴が!
慌てて駆け付けると大きなゴキブリが出てバスルームに逃げ込んだとのこと。
ゴキジェットを片手にバスルームに向かったが、既に姿が見えず。
仕方が無いので洗面台の下にゴキジェットを噴射したところ、小さいゴキブリを一匹退治。

少しして様子を見にバスルームに行ったところ、中くらいのゴキブリがお腹を向けてダウンしている。
トイレットペーパーにつつんでトイレに流したところで、視界の片隅で蠢く巨大な物体が。
妻が最初に見つけたゴキブリがゴキジェットにあぶり出されてついに姿を現した模様。新聞紙を丸めてバシリと一発で勝負をつけてトイレに流したところで平穏な一日が始まった。(たぶん6,7cm位だったと思うけどゴキブリの写真は省略。)

一日が始まったと言いつつも特に予定が無いため、写真の整理を行うことに。
過去の写真を見てると、我ながらなかなか良い写真を撮りだめていたことに気がついたので”フィジーの野鳥”に焦点を当ててこの場で紹介。残念ながらパプアニューギニアの極楽鳥のようなレアな鳥はいないけど。

これは”マイナ”と呼ばれる最もメジャーな鳥。日本のカラスと同じような位置づけというのが僕の印象。どこでも見ることができ、ゴミ捨て場でよくゴミをつついている。

DSC00743_convert_20110924141709.jpg

次は名前は不明だが、とんがった頭と赤い尻尾の先が特徴の鳥。(この写真ではしっぽの赤さが分かりにくいのが残念。)頭の形がかわいいので僕はこの鳥が好きである。

IMG_0183_convert_20110924141906.jpg

そして”フィンチ(finch)”。何という訳が適切なのか解らないが、見た目通りカラフルでたまにスバの市内で見かける。近づくと直ぐに逃げてしまうため写真に収めるのはかなり困難。これは奇跡的に我が家のベランダで遊んでいたのをとらえた写真。

DSC00165_convert_20110924141457.jpg

他にもハトやコウモリがおり、バヌアレブ島に出張した時はフウロウのような鳥も見たが、妻は”ハチドリ”を見かけたことがあるとか。もし事実なら、僕も是非お目にかかってこのブログで紹介したいものだ。

ちなみに息子は鳥を見るのが大好きで、ベランダに鳥がいると寄って行ってじーっと見ている。外に出で鳥を見つけた時は指をさしながら寄って行く。将来は鳥類学者かな?
スポンサーサイト
2011-09-23(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。