スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

大人買い

今日は、在フィジー日本大使公邸で在留邦人を対象とした新年会が催された。が、我が家は僕の手足口病のため(他人にうつす可能性があるため)残念ながら不参加。現在の公邸料理人の料理がとても美味しいので妻にもぜひ食べてほしかったのだが、無念のリタイア。妻には本当に頭が上がらない・・・

そこで、美味しいものを食べられないストレスはショッピングで解消しようということで、ローカルマーケットに買い物に行ってきた。とは言っても最近は毎週通ってるので、いつも通りの土曜日だが。

僕の赴任直後、このブログでも紹介したが、最近では妻がなじみのお店をいくつか作っており、日本の下町の商店街に買い物に行くような感覚である。

こちらはマーケットの二階にあるお店で、主にジャガイモ、玉ねぎ、ニンニクを買うお店。カレーに使う香辛料もたくさん取り扱っている。お店のインド人の女将さんが美人(写真では隠れていて残念。)なのと、お店をお手伝いしている子供(今日は病気でお休みとのことで写真には映れず。)がうちの息子を可愛がってくれているので、マーケットに行った際には絶対立ち寄るお店。

DSC03530_convert_20110122175252.jpg

ちなみにマーケットの二階はカバ売り場も充実している。新聞にくるまれてつるされているのと、右の男性の前に山積みにされている物体がカバで、ヴィレッジを訪問する際には必須のアイテムである!

DSC03529_convert_20110122174944.jpg

次は、感じのいい中国人のご夫婦のお店で、いつも新鮮な青物を置いているお店。僕が青ネギが好きでよく買っているため、最近では真っ先に青ネギを出してきてくれる。

DSC03535_convert_20110122175753.jpg

こちらは、インド人のタマゴ屋さん。このお店は特に愛想がよいわけでもなく、顔を覚えてくれているわけでもないが、常にお客さんがいるので新鮮そうという理由でいつも買っている。実際にはずれはなく双子のタマゴが出るという当たりの確率の方が高いくらい!

DSC03539_convert_20110122180154.jpg

そして、これが本日の戦利品。我が家にとっては大贅沢、まさに“大人買い”、ストレス発散!上で紹介したもの以外に、果物もたくさん買っている。今日は、パパイヤ、バナナ、パッションフルーツに加え、梨(?)を買った。普段はこれにパイナップル(時期によってはマンゴー)等も加わるが、総額は日本円で1,000円弱くらいだろうか。

DSC03548_convert_20110122181350.jpg

しかし、そのようなマーケットにも大きな問題がある。それは何かと言うと、果物のヘタや、青物で売り物にならない部分等のGreen Wasteと呼ばれるゴミの取り扱いである。この写真のように、各小売店がごみをコンテナに運び込む。 

DSC03541_convert_20110122181016.jpg

このコンテナがマーケット内の数か所に設置され毎日一杯になることを考えても、このゴミの量は莫大な量であることがわかる。さらにスバ以外のマーケットでも同じ状況が起こっている。フィジー政府は、このブログで以前に私見として述べたような「国土面積が少ないことに起因する廃棄物処理の方法」は当然問題視している。一方で、フィジーの財政状況や人材面から、フィジー政府としては問題視しつつも十分な対応ができず、日本を含むドナーに期待される役割は非常に大きなものであると感じている。(ちなみに日本も既に積極的に様々なアプローチを開始済みで、成果をあげている。)
スポンサーサイト
2011-01-22(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。