スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

KINGS ROADの改修工事

一昨日、首都のスバから約三時間車で移動したところにあるRAKIRAKI(ラキラキ)まで出張に行ってきた。フィジーの首都があるビチレブ島は、車で一周することが可能で、南半分はQUEENS ROAD、北半分はKINGS ROADという幹線道路が走っている。

今回、初めてKINGS ROADを通ったのだが、道の悪さに驚いた。人口80万人規模の国の本島における重要な幹線道路の姿がこの写真である。誤解を招いてはいけないので一応説明するが、三時間の移動のうち約一時間がこの道だった。ちなみにビチレブ島の西に位置する国際空港のあるナンディからスバまではQUEENS ROADで約三時間半、こんな道は一切無い。(イギリスの植民地だったから、QUEENS ROADの方が優先的に整備されたのかな?)

IMG_5383_convert_20100907180619.jpg

このKINGS ROAD、現在はマレーシア輸出入銀行の資金で拡張工事が行われている。マレーシアの援助が入っているのであれば、マレーシア政府は看板にマレーシアの国旗をでかでかと載せてアピールすればよいのに、看板にはマレーシアという単語さえ載っていない。今まで援助される側だったから、援助する側になってアピールすることにまだ慣れていないのかな、と思ったが中国はずいぶん派手にアピールしていることを思い出し、結局は国民性の問題だろうという勝手な結論に落ち着いた。

IMG_5419_convert_20100907181154.jpg

この日はちょうどダイナマイトによる岩盤の発破作業が行われるとのこと。発破作業による通行止めが予想されたので、発破作業が終わるタイミングを見計らってRAKI RAKIからスバに戻ったのだが、当然時間通り作業が終わるわけもなく、多くの車と人がショベルカーによる岩盤撤去作業を見学していた。話を聞いてみると先頭の車の人は二時間待っているとのこと。覚悟を決めて待とうと思ったら、約20分程度で道路が開通、観客の拍手で通行が開始された。

IMG_5423_convert_20100907181350.jpg

森林が容赦なく切り開かれていく工事現場を見て思ったのは、ここまで大がかりな拡張は必要ないのではないだろうか、ということ。どう考えても道路の交通量に合わせた規模の設計になっていないし、こういう大規模な工事に必要不可欠な環境影響評価も十分に行われているようには思えない。この道路ができることで利便性が増す一方で、負の影響が出てくることが心配である。自然環境への影響のみではなく、KINGS ROAD沿いには小さな村がたくさんあるので、彼らの生活に対するインパクト調査は少なくとも正確に行われていることを祈りたい。

最後はおまけで、道中で撮ったThis is FIJI!っていう写真!

IMG_5410_convert_20100907180856.jpg
スポンサーサイト
2010-09-09(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。