スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

サイクロンとハリケーン(と台風)

最近、オフィスでは風邪が流行っていて、僕も先週末誰かの風邪をもらってしまった。
体力だけはあるので、今はばっちり完全回復しているが、先週の土曜日は残念ながらHibiscus Queenを見に行けず・・・。

しかし、Hibiscus Festivalの素晴らしいところは、期間を通じて舞台イベントが全て生放送されることである!本当に体調が悪く、最後まで見ることができなかったが、おかげでコンテストの雰囲気だけは味わえた。会場のあるアルバートパークから我が家までは相当の距離があるはずだが、会場の盛り上がりが我が家にも聞こえていたので、相当盛り上がっていたんだろうなあ。来年は絶対に会場に行ってきます!

がんばってテレビの画面だけ撮影してみた。

IMG_5370_convert_20100904155331.jpg

IMG_5371_convert_20100904155821.jpg

さて、先週は先日まで僕が仕事のフィールドとしていたカリブ地域に大型ハリケーンがやってきたというニュースがあった。一緒に仕事をしてきた人たちも多いので大変心配だが、ここフィジーでももうすぐサイクロンのシーズンに突入するため他人事ではない。

と考えていて思ったのだが、ハリケーンとサイクロンの違いはなんだろう?「一般気象学 小倉義光 著 東京大学出版会」によると、以下の定義があるらしい。(大学時代に気象学をかじった者としては勉強不足がばれてしまい恥ずかしいが・・・)

ハリケーン:南太平洋・180°E以東の北太平洋・北大西洋で最大風速が33m/s以上の熱帯低気圧
サイクロン:北インド洋で最大風速が17m/s以上の熱帯低気圧
台風:赤道より北で100°Eと180°Eの北西太平洋で最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧

南太平洋はハリケーンとなっているが、気象機関のサイトをいくつか見てみると、サイトによって言っていることはバラバラで、共通するのは、地域により強い熱帯低気圧には特有の名前を付けているという点である。

フィジーのサイクロンシーズンは11月から3月頃。スバに住んでいる限りは停電や断水程度の影響しか無いと思われるが(去年は外出禁止令も出たとか)、伝統的なコミュニティに住んでいる人たちがまだまだ多いフィジーにおいては、大型サイクロンが直撃したら大変なことになる。2010年3月にもサイクロン「Tomas」が直撃し、日本も緊急援助物資を送るなどの対応をとっている。今シーズンは大きなサイクロンが発生しないことを祈りたい。
スポンサーサイト
2010-09-04(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。