スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

タブニ砦

帰国予定の妻がフィジーのガイドブックを読んでいたら、スバから約2時間の距離に位置するシンガトカという街の近くに「タブニ砦」という砦跡があることを発見。
僕はこの砦の存在は知っていたものの、きっかけが無く今まで行ったことが無かった。
ということで、いい機会なので先日Intercontinental Resortに行った時に通り道だったので立ち寄ってみた。

タブニ砦はイギリスの植民地時代にイギリスが築いた砦とかいう大層なものではなく、隣国トンガの住民がカヌーでフィジーに移住した時に築き上げたたものである。
そのため、立派な建物や大砲が残っているというわけではなく実に質素だが、そこから見えるパノラマは絶景である。

DSC_0027_convert_20130625035205.jpg

小高い丘の上にタブニ砦は位置しており、その麓にはシンガトカ川が流れ、流域にはコミュニティや農場が広がる。
ちなみに、この写真の一番手前に積み上げられた石と土が当時の名残。
パンフレットによると、儀式で使われた施設か貝塚のようである。

フィジーは海だけでなく、陸の自然も素晴らしい。
この山並みの向こうには、シンガトカの砂丘と海も望むことができる。

DSC_0029_convert_20130625040742.jpg

入場料に12FJD(約700円)かかるのはちょっとマイナスだが、地元のコミュニティの振興に使われると思えば安いものか。
スポンサーサイト
2013-07-04(Thu)
 
検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。