スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Hibiscus Festival

フィジーで一番大きなお祭りは"Hibiscus Fetival"という。
1956年から40年以上も続くお祭りで、8/20-8/28の約一週間、スバの街はお祭りムードに包まれる。
ということで、どれほどのものか一目見に行ってきた。

今朝、十時に家を出て会場のアルバートパークに向かうが人気が少ない。全ての出店が閉まっており、アトラクションも止まっている。クリスチャンの多いフィジーでは日曜日の午前中は街が静まり返るが、お祭り期間中と言っても例外ではないらしい。

ということで夕方四時に仕切りなおして再出発!今度はアルバートパークの方からにぎやかな歓声が聞こえてくる。会場ではここ一週間くらいの間で準備された移動遊園地のようなアトラクションが動いており、歓声はそこから聞こえてきている。特に写真右側のミニ観覧車のような乗り物は、かなりのスピードで縦回転をしており、相当のスリルを味わえるものと思われる。

IMG_5345_convert_20100822144420.jpg

移動遊園地なので、それほどの安全性は期待しない方がいいが、乗り物を動かしているのは写真の彼らである。これに乗るにはかなりの勇気がいるなあ・・・(今回は一人で散歩がてら様子をみるというのが目的だったということにして乗らなかったが。)

IMG_5348_convert_20100822145022.jpg

アトラクションのスペースを通り抜けると、屋台が並ぶ通りを発見!屋台ではフライドチキン、フランクフルト、中華料理、カレー等の、フィジー人が好きな物が並んでいる。あと、毒々しい色のアイスもある。

IMG_5353_convert_20100822145317.jpg

屋台の店番を子供がしている店を発見!

IMG_5358_convert_20100822145540.jpg

そして屋台の裏側はこんな感じなのも面白い。

IMG_5359_convert_20100822150334.jpg

色々な面でいい加減なフィジーの雰囲気を存分に感じられるお祭りである。
ちなみに、一番盛り上がるのは、来週末の”Hibiscus Queen”を選ぶ、いわゆるミスコンである。また、スバの犯罪率が急激に上がるのもこのお祭りの期間とのこと。気をつけなくては!
スポンサーサイト
2010-08-22(Sun)
 
検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。