スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

MOCE MADA, FIJI!

明日、ついに4年3カ月を過ごしたフィジーを離れる。

4年3カ月はあっという間だったが、たくさんの素晴らしい出会いに恵まれ、フィジーの人々、同僚、家族と過ごした多くの思い出がある。
離任直前は忙しすぎて感傷に浸っている時間はほぼ無かったが、フィジーが大好きであることだけははっきりと言える。

ちょっと残念なのは、9月17日に控えた総選挙の直前で離任すること。
今までの自分の仕事は、この総選挙後にフィジーがどう変わるのかということを見据えて、その下地を作ることを目的とした仕事であった。
自分がしてきた仕事が将来的にどう花開くか直接見ることができないことが残念である。

フィジーにはこの総選挙を契機に国際社会に返り咲いてもらい、且つ南太平洋での中心国としての役割をしっかり果たしてもらいたい。

大好きなフィジーの海のいくつかの表情と、フィジー在任中に練習した星空撮影でこのブログを締めたいと思う。
この海中写真のクマノミは4歳の息子が初めて自分で海に潜って見ることができたクマノミで、我々にとっては記念すべきクマノミである。
娘は残念ながら泳げないが、この美しい海で水遊びをするという贅沢をさせてあげることはできた。

DSC_0049_convert_20140914181808.jpg

DSC_0102_convert_20140914182546.jpg

IMG_0297_convert_20140914183511.jpg

DSC_0029_convert_20140914182026.jpg

今後は、1年間イギリスに留学し、気候変動対策の勉強をする予定である。
同僚達からは、しっかり勉強してフィジーが抱える環境問題を解決するためにまた戻ってこいとの激励の言葉が。
お世話になった大洋州にいつか恩返しをしたいと思う!
スポンサーサイト
2014-09-14(Sun)
 

独身最後の日

今日はいつも以上に仕事に集中した。
何故かというと家族を迎えに行くために、明日から少しばかり帰国するから。
そんな中、ふと窓の外を見ると隣のビルの塗り直し工事の現場が目にとまった。

9人のうち立って仕事をしているのは2人だけ・・・
こんな感じで何か力が抜けてしまった。
さすがフィジー人。

IMG_0214_convert_20140220181429.jpg

残業中にまたまたふと窓の外を見るとスバを出港する豪華客船が。
いつも豪華客船を見ると思うが、フィジーで一番大きい建造物なのではないだろうか?
ライトアップされた船内で、きっとみんな楽しい時間を過ごしているのだろう。

IMG_0222_convert_20140220181523.jpg

僕もいよいよ明日が出発!
気合入れて荷物を詰め込んだところだが、そもそも冬服がほぼ無いためスーツケースは3分の2が空っぽ。
靴も無いからサンダルで真冬の日本へ帰国。
実家に通販で買ったスニーカーが届いているはずだから、そこまでは気合で乗り切るつもり。

半年近くの独身生活で、今までやりたかったができなかった勉強をけっこう集中してできたので、それはそれで充実していたと思う。
でも、やっぱり家族がいれば充実度は格段にアップするので、家族を最優先に残りのフィジー生活を乗り切ろう!
2014-02-20(Thu)
 

レブカでのいい話

先日訪問したレブカで面白い出会いがあった。

レブカには1960年代に日本資本の水産加工場が建設され、日本から派遣された多くの工場技術者がレブカに駐在していた。
当時駐在していたN氏がレブカを37年ぶりに再訪しており、偶然にも僕と宿泊先が一緒だったのである。
N氏は当時17年間レブカに滞在し、奥さんは子供をレブカで出産し、子供もレブカで育ったという。
N氏は認知症を患っていたが、レブカで5歳まで育った娘さんが、是非もう一度N氏にレブカを見てもらいたいと考え、今回の家族旅行(N氏夫妻、娘さん夫婦とその娘2人の6人での旅行)を計画したという。

N氏の帰還を聞きつけたオバラウ島中の仕事仲間や友人がバナナやパパイヤを手土産に宿泊先を訪問し、N氏を囲んで思い出話に花を咲かせていた。驚くことに、N氏が認知症とは思えないほど様々なフィジー語をしゃべっていた。頭ではなく心に言葉が刻み込まれているかのよう。
僕も少し輪の中に入れてもらい、彼らが持ってきた当時の写真を眺めながら、如何にN氏一家が現地の生活に溶け込み、現地の人たちに愛されていたかを語ってもらった。
街を歩けば、「お前はNの家族か?」との質問を何度も受けた。
また、帰りの飛行場まではN氏一家と一緒に移動したが、道路沿いのコミュニティからも人がお見送りに出て来ると共に、すれ違う車も止まってN氏との別れを惜しんでいた。

N氏の奥さんによると、当時のレブカはもっと小ぎれいだったため、時が経って少し廃れた印象を持ったようで残念に感じたとのことだったが、レブカに住んでいる人たちは変わることが無かったことを嬉しく思っているとのこと。

N氏と僕の仕事の性質は違うが、フィジーのためという目的は一緒である。
そういう仕事をやり切った人、家族、その関係者たちの姿を目の前にして、人と人のつながりの強さを感じると共に、僕もこういう生き様を残してみたいと強く思った。

2013年の締めとしては最高の出来事である。

ちなみにこれが現在の水産加工場で、ここで製造されたツナ缶にはいつもお世話になっている。

DSC_0073_convert_20140104074841.jpg
2014-01-09(Thu)
 

世界遺産「レブカの歴史的港湾市街」

昨年の8月のことだが、とある会社の広報誌に掲載するフィジーの紹介記事を執筆した。
タイミングよくフィジーで最初の世界遺産が登録されたこともあり(富士山の世界遺産登録と同じタイミング)、観光業を含めたフィジーの産業を題材にした。
世界遺産に登録されたのは、オバラウ島にあるレブカという都市。
1872年から1882年の8年間だがフィジーの首都だった都市で、貿易の基地として栄えた街である。
自分の書いた記事に取り上げておきながら行ったことが無かったこともあり、フィジーで唯一の世界遺産にこの年末の休暇を利用して久しぶりの一人旅に行ってきた。

スバからは飛行機で15分の距離。
飛行機と言っても、パイロットも含めて10人乗りのセスナ機。搭乗前にはチェックインカウンターで荷物を抱えて体重計測を行う。

DSC_0001_convert_20140104073623.jpg

オバラウ島の飛行場からレブカまでは車で約30分。未舗装の道をひたすら進むと"Welcome to Levuka 1874"という看板が。

DSC_0082_convert_20140104075128.jpg

街の規模はとても小さく、歩いて15分程度で目抜き通りを横断できるくらい。
今回は観光なので裏通りも含めて隅から隅まで探索したが、約2時間程度だった。

このようなコロニアル建築が街の中にいくつかあり、首都として栄えた当時を偲ぶことができるのだが、メンテナンスがほぼされておらず、窓が割れたままとかクモの巣だらけとか、世界遺産としての体裁が整っていないのは残念。
そのおかげで自由に出入り可能だったが・・・

DSC_0028_convert_20140104074418.jpg

もう一つの見どころは、目抜き通りのビーチストリート。
スバの時間は日本と比べてゆっくり流れるが、レブカの時間はもっと遅い。
古き良きフィジーを体験できる。

DSC_0086_convert_20140104075316.jpg

フィジーに住んでいる僕にとって感動的だったのは、フィジーで最もポピュラーなスーパーであるMH(Morris Headstrom)の第一号店に出逢えたこと。外国から来た人には通じないだろうが・・・
ちなみに写真の左側が第一号店で右側が現在の店舗。

DSC_0068_convert_20140104074620.jpg

今回の旅行は街歩きに徹した。一周2時間を時計回りと反時計回りで合計4時間。疲れきったところを宿泊先のオーストラリア人のオーナーとビールで一杯。
彼が言うには、フィジー政府も地元の住民も、レブカが世界遺産に登録されたことに満足してしまって、レブカをもっとよくしていくことには関心が無いとのこと。ある意味納得である。
レブカが名実ともに世界遺産となる時を、フィジータイムでのんびり見守りたい。
2014-01-03(Fri)
 

Hibiscus Festival 2013

実は妻が2人目を妊娠、10月の出産に備えて妻と息子は実家に帰っている。
7月中旬までフィジーで安静にし、その後、僕の一時帰国のタイミングで一緒に帰国しそのまま日本に残ってもらっている。
フィジーの産婦人科ではエコーを使っても性別がわからなかったが、日本では一発。即、「女の子ですね。」とのこと。やっぱり日本はすごい!

というわけで、今はまたまたフィジーで独り暮らし。
先週は毎年恒例のHibiscus Festivalが行われていたので行ってみた。
今年は昼間ではなく、最も込み合う最終日の夜に行くこととした。

遠目から見た会場のアルバーパークはこんな感じ。
アトラクションの灯りと会場の音楽がかなり遠くからでも確認できる。
アトラクションの数と種類が増えているように見える。

DSC_0392_convert_20130825075009.jpg

会場ではいくつかのステージが設けられて、様々なショーが行われている。
金曜日の夜は「オカマコンテスト」で盛り上がったようだ。
事務所のナショナルスタッフによると、金曜日の昼の時点で25FJD(約1300円)のチケットは完売とのこと。

DSC_0408_convert_20130825075226.jpg

屋台の並ぶエリアは行政府と面しており、屋台で夕食を買った人たちは行政府の周辺で食事をすることが多い。そして、ゴミをそのまま置いて帰る。
フィジー人のことは大好きだし、大雑把な気質はフィジー人ならではだと思うが、環境問題を国際社会に訴える以上は、個人がきちんと意識してゴミを片付けないと説得力が無い。

DSC_0425_convert_20130825075651.jpg

ちょっと残念な気持ちになって帰宅した。
2013-08-25(Sun)
 
検索フォーム
訪問者数
TIME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。